【画像付き】Pardot Lightningの有効化設定

【画像付き】Pardot Lightningの有効化設定

本記事ではPardot Lightningの有効化設定について画像付きで解説しています。

有効化の前提条件

Pardot Lightningを有効化するには下記の設定が必要です。
事前にご確認ください。

  • Salesforce Lightningが有効化されている
  • Pardot側でSalesforceコネクターが設定されている

Salesforce組織のPardotを有効化

設定から[Pardot設定のホーム]を選択し[Salesforce 組織のPardotを有効化]にチェックを入れます。
※青くなっている状態が有効です。

Salesforce組織のPardotを有効化

Pardot Lightning アプリケーションへのアクセス権の付与

次に設定から[接続アプリケーションを管理する]を選択し[b2bma_canvas]を選択します。

Pardot Lightning アプリケーションへのアクセス権の付与

[b2bma_canvas]に移動したら下にスクロールし、プロファイルまたは権限セットを指定します。

プロファイルまたは権限セットを指定

ユーザへの権限セット割り当て

Pardot Lightningを利用するユーザには「Sales Cloud ユーザ」、「Service Cloud ユーザ」または「CRM ユーザ」の権限セットが必要です。

権限セットの割り当てがない場合は、対象のユーザから権限セットの割り当てを行います。

ユーザへの権限セット割り当て

アプリケーションマネージャの編集

ここまでで有効化は完了しました。
次にアプケーションランチャーに表示するための設定を行います。

設定から[アプリケーションマネージャ]を選択しアプリケーション種別に「Lightning」と記載のあるアプリの[▼]を選択し編集画面に移動します。

アプリケーションマネージャの編集

[ユーザプロファイル]からアプリケーションを表示させたいプロファイルを選択し右側に移動させます。

ユーザプロファイル

以上で設定は完了です。
アプリケーションランチャーで検索した際に「B2B Marketing オートメーション」と記載のある方がPardot Lightningです。

B2B Marketing オートメーション

参考になるSalesforceヘルプ

Pardot Lightning アプリケーション実装ガイド
ユーザーへの Pardot Lightning アプリケーションへのアクセス権の付与

関連記事

まずはお気軽にご相談ください

PAGE TOP