【設定方法】SalesforceキャンペーンとPardot キャンペーンの接続について

SalesforceキャンペーンとPardot キャンペーンの接続について

SalesforceキャンペーンとPardot キャンペーンの接続について、Salesforceヘルプを読んでも設定方法がわからない方も多いのではないでしょうか。
本記事では、SalesforceキャンペーンとPardotキャンペーンの接続について画像を用いてわかりやすく解説しています。

キャンペーンの接続設定の場所

まずキャンペーンの接続設定はPardotの設定から行います。
Salesforceヘルプでは接続されているキャンペーンの有効化というヘルプが用意されていますが、ここに記載のある[接続されているキャンペーン] の名称のページは、私の環境では存在しませんでした。

またPardot Classicでキャンペーンの接続設定の場所を探しましたが見つかりませんでしたので設定の際はPardot Lightningの[Pardot 設定]から設定することをおすすめします。

まだPardot Lightningの有効化が完了していない場合は下記の記事を参考に有効化を行なってください。
【画像付き】Pardot Lightningの有効化設定

[Pardot 設定]は左上のアプリケーションランチャーから検索してください。

Pardot 設定

[Pardot 設定]に移動したら次に[コネクター]を選択。
Salesforceコネクターの歯車マークから[設定を編集]を選択します。

Salesforceコネクター

ここで[キャンペーン]が表示されるのでここから接続設定を行えます。

キャンペーン

PardotキャンペーンをSalesforceに接続

キャンペーンタブから[接続済みキャンペーンおよび Engagement History を有効化]にチェックを入れ保存するとSalesforceキャンペーンとPardot キャンペーンの接続が設定されます。

PardotキャンペーンをSalesforceに接続

[Salesforce を使用してすべてのキャンペーンを管理]については最初のこのタイミングではチェックを入れないことが推奨されています。

過去に作成したPardotキャンペーンなどが接続完了した際にチェックを入れることがおすすめです。

過去に作成したPardotキャンペーンの接続

まずは[Pardot キャンペーン]に移動します。

Pardot キャンペーン

次に「接続されていないPardotキャンペーン」をプルダウンから選択します。

接続されていないPardotキャンペーン

個別に接続する場合

個別で接続する場合は対象のキャンペーンの右側の歯車マークから「CRMキャンペーンを接続」を選択します。

CRMキャンペーンを接続

接続するCRMキャンペーン名を指定して保存を押したら接続は完了です。

接続するCRMキャンペーン名を指定

一括で接続する場合

Pardotキャンペーンリストをダウンロードします。

Pardotキャンペーンリストをダウンロード

次にhttps://workbench.developerforce.com へアクセスしワークベンチへログインします。

ワークベンチ

Jump toに「Insert」、Objectに「Campaign」を設定します。

Jump toに「Insert」、Objectに「Campaign」を設定します。

先ほどダウンロードしたCSVファイルを設定します。

先ほどダウンロードしたCSVファイルを設定します。

項目のマッピングを行います。
初期設定のままであれば特に設定は不要です。

項目のマッピングを行います。

内容を確認し問題なければ「Confirm Insert」を押すとSalesforceキャンペーンに、接続されていない Pardot キャンペーンが新規作成されます。

Salesforce を使用してすべてのキャンペーンを管理

最後に[Salesforce を使用してすべてのキャンペーンを管理]にチェックを入れて完了です。

Confirm Insert

参考になるSalesforceヘルプ

接続されているキャンペーンの有効化
個々の Pardot キャンペーンと Salesforce キャンペーンの接続
複数の Pardot キャンペーンと Salesforce キャンペーンの一括接続
ワークベンチを使用した新しい Salesforce キャンペーンへの既存の Pardot キャンペーンの接続

関連記事

まずはお気軽にご相談ください

PAGE TOP